女の子との出会いを求めてイククルに登録

僕がイククルを知ったのはネット検索でヒットしたからでした。その当時の僕は彼女とも別れたばかりで何となく退屈な毎日を過ごしていたので
女の子との出会いを求めてイククルに登録してみました。

気なく始めたものの、やはり簡単に会うということは難しいものでした。メールの返信もなかなか返ってこないこともよくありました。
このままではせっかく登録したのにもったいないと思い、どうすれば返信率が上がるのか真面目に考えてみました。
僕のプロフィール設定は写真も載せていない状態で情報もかなり適当に記入したものでした。やはり女の子からみたらまず写真が記載されていることは
かなり重要なポイントになるようでした。

プロフィールを充実させてからはメールの返信率は格段に上がりました。何人かの女の子と継続的にメールのやり取りをするまでになっていました。
28歳シングルマザー、27歳の会社員、大学に通う女子大生の3人でした。
メールのやり取りをする中で28歳のシングルマザーが僕の住む近所に住んでいることがわかりました。
そしてついに会う約束をとりつけることに成功しました。この時点では実際に会えるかどうかは半々だなぁと思っていました。

約束当日、一応おしゃれをして待ち合わせ場所に向かいました。待ち合わせの場所へ車で行き彼女がくるのを心待ちにしていました。
しかし時間になっても彼女はまだ来ませんでした、もうダメなのかなと思っていると僕の車の方へ歩いてくる女性がありました。
事前に車の特徴を伝えていたので彼女が近づいてきてくれたのです。僕はすぐさま車から飛び出て彼女とあいさつを交わしました。
実際に会った彼女の印象は僕の想像を遥かに上回るものでした。

まずは人気のある洋食屋へ食事に行き、彼女も満足してくれているようでした。
会話も弾みその後はドライブをすることになり、とりとめのない話をいつまでも話していました。時間も遅くなったので彼女を自宅まで送っていき
自宅の前までつくと彼女はまだ帰りたくないと言ってきました。そして車の中でキスをしました。
キスだけで終わるはずもなく、なんと会ったその日にしてしまいました。
さすがシングルマザーやらしさは半端なかったです。

いまでも彼女との関係は良好で、こんな出会いを与えてくれたイククルに感謝しています。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑