6日目:ポイントの補充をしよう

6日目:ポイントの補充をしよう

イククルを利用し始めてから6日目ともなるとポイントが心許なくなってくる人も多いと思われます。そこで、今回は「ポイントの上手な使い方」と「ポイントの購入方法」について紹介していきます。

ポイントの購入方法はクレジットカードや銀行振込で購入すればいいじゃないか、と思っている方が多いと思われますが、実際に利用をはじめてある程度の日数が経つと分かると思われますが、購入方法の選択を誤ると、出会えるものも出会えなくなる可能性があるので、気をつけて下さい。

ポイントの上手な使い方については後述で詳しく紹介しますので、こちらではポイントの購入方法について紹介していきます。

イククルでポイントが足らなくなれば、前払いでポイントを購入するというシステムになっています。ポイントの購入方法については、銀行振込みやクレジットカードの他に、楽天Edyで支払いをしたり、BitCashでの支払いやコンビニ決済での支払いも可能となっていますが、一番ベストな購入方法はクレジットカードです。

クレジットカードでの支払の場合、基本的にはリアルタイムで追加することが出来ます。コンビニ支払いやEdyでの支払の場合は、どうしてもタイムラグが生まれてしまうので、せっかくいい感じにメッセージを送りあえていた状態でも、熱が冷めてしまいます。

このようになってしまうと、再度アタックするために無駄なポイントを使わなければならなくなるので、タイムラグの発生しないクレジットカードでのポイント購入がオススメです。

他の手段でポイント購入をするのなら、ギリギリまで待つのではなく、50ポイントを切ったぐらいには追加購入することを考えたほうが良いでしょう。そうすることで、ポイント切れを起こさずにアクションを取り続けることができるので、相手を待たすこと無く返信が可能です。

イククルでのポイントに対する費用対効果

イククルはポイントに対する費用対効果が高い出会い系サイトとなっています。何と言っても「プロフィールの閲覧」が1ポイントとなっているので、本物のユーザーを見分けやすいというのが特徴的です。

メッセージを送信するのには50円程度の費用が必要となっていますが、本物の女性とコンタクトを取ることが出来たならば、最近ではLINEやカカオトークなどのアプリが多く、気に入らなければブロックすれば良いというような風潮なので、直接連絡を取ることが出来る手段を得ることは難しくありません。

そのため、サクラや業者などを排除した上で、簡単に連絡先を得ることが出来る仕組みが出来上がっているので、出会いやすいという状況が生まれています。

動画を見ると相手のことがよく分かるかもしれませんが、そこまでする必要はありません。動画を見るための消費ポイントとメッセージを送信する消費ポイントが同額となっているので、そんなことをしなくても、相手を判断することは出来ます。

まずは、サイトを通さずに連絡が取れる方法をゲットすることが先決です。

無駄なポイントを使わないことでポイントを節約する

イククルではプロフィールの閲覧は1ポイントの消費で行うことが出来ますが、何度も何度も同じ女性のプロフィールを見るのは無駄な行為となります。そのため、別紙にでも構わないので、1人1人のプロフィールを書き出しておくと、2回目以降は見る必要がありません。

もし、あなたが1人の女性しか相手にしないというのであれば、覚えておくことも可能かもしれませんが、相手をする女性を選定する段階で、何人かのプロフィールを見なければならない状況になります。そうなった際に、1度見たプロフィールをチェックしておけば、色々と比較することができるのでオススメです。また、画像に関しても、スクリーンショットなどで保存をしておけば、何回も見る必要がないので、1回1回は微々たる節約にしかなりませんが、長期的に利用することを考えると大きな金額となってくるので、小さなことからコツコツとしてみてください。

落としたい時にはポイントをケチケチしない

「この女性と出会いたい」と強く願うのなら、ポイントをケチケチしてはいけません。しかし、上記でも紹介したように、何度も画像やプロフィールを見るという必要はありませんので、メッセージを送信するということにポイントを割くようにしてください。

といっても、複数回(約5回以上)のメッセージを送信するような状況になっているのなら、サクラや業者の可能性が高く、実際に会う気持ちが薄い女性だと思われるので、早い段階で見切ることも大切です。そうしないと、いつまで経っても出会えないのにポイントが消費されるということになります。

10代の女性のスマホ所持率とLINEのインストール率を考えると、10人いれば9人はスマホを持っていてLINEをインストールしているという状況なので、「ガラケーしか持っていない」「LINEは持っていない」という反応があった時点で、私なら見切ります。あとは、直接連絡が取れる電話番号やメールアドレスを教えてもらうという方法ですが、こちらに関しては警戒心が強いので、教えてくれないケースも多いです。最悪のケースとしては、FacebookやTwitterのアカウントを教えてもらうという方法もあります。

6日目終了

6日目が終了しました。まだ始まってから1週間も経っていませんが、技術的なことに関しては、以上となります。残り4日間は、私がイククルを利用して上手くいったケースや上手くいかなかったケースなどの体験談を紹介していきます。

あまりおもしろいものではないかもしれませんが、イククルで10代の女性と出会おうとしている方は参考にしてもらえれば幸いです。

7日目:初めて10代の女性と出会った時の体験談はこちら

PAGE TOP ↑