10日目:イククルを利用した際の10代女性との出会いについて

10日目:イククルを利用した際の10代女性との出会いについて

ついに最終日を迎えました。本日は、イククルを利用した際の10代女性と出会うためにはどうすればいいのかということについてまとめていきます。

イククルは初めにも紹介したように、10代後半~20代前半のユーザーが多い出会い系サイトとなっているので、10代の女性と出会うのも難しくない出会い系サイトです。

女性が若い世代に偏っているのに対して、男性は10代~40代と幅広い年齢層に分かれているので、女性から見ても様々な男性の色々なタイプと出会いが楽しめるのが特徴となっています。

そのため、「最近は自宅と会社の往復で出会いがない」と嘆いている人でも簡単に出会いが見つかるのが特徴となっています。ただし、キチンとした出会いを見つけるためには、いくつかの注意点を守らないと出費だけが嵩んでいき、出会いを見つけることが出来ないという事態に陥ってしまうので、気をつけて下さい。

自分のスタイルを見失わないようにする

まず、10代の女性と出会うために必要なのは、「自分のスタイルを見失わないようにする」ということです。スタイルといっても、体型のことではなく、目的や信念のようなものです。「自分が何のために出会い系サイトを使うのか」ということや、「なぜ10代の女性と出会いたいのか」というような気持ちのことです。

これを見失ってしまうと、サクラや業者の餌食になってしまいますし、10代の女性と出会えたとしても、何をすればいいのか分からなくなってしまって、それから先の関係を構築していくことができなくなってしまいます。

そのため、自分のスタイルを確立させることが大切となっています。

その上で、イククルを利用して10代の女性にアプローチを掛けて、出会いを見つけるようにして下さい。1日目~6日目までを読めばよくわかりますが、イククルを利用して10代の女性と出会うのは難しいことではありません。しかし、7日目~8日目の出来事であったように、関係を持続させていくのはとても難しいものです。

最近では、年齢差のあるカップルというものも多くなってきましたが、それでも全体の恋愛カップルから見ると少数となっています。その理由としては様々なことが考えられますが、一言で言うのなら、「価値観の違い」です。世代の流行や、男女の価値観の違いというものも多いですが、恋愛というのは男女のどちらかが許容できなくなってしまうと破綻してしまいます。そのため、性別の差だけではなく、年齢の差が重なると価値観の違いが大きくなる傾向になるので、カップルが少なくなるということになります。

そのために大切なのが、「自分のスタイルを確立させる」ということになるので、イククルを利用する前によく考えてから利用するようにして下さい。

インターネット上で駄目ならイベントに参加しよう

イククルは出会い系サイトの中でも、運営が主催しているパーティーが多いことでも知られています。そのため、このようなパーティーでは、出会いを求めている男女が集まる形式になっていることが多く、インターネット上よりも出会いやすいというのが特徴となっています。

初めから出会いの場を用意されているパーティーに出向くだけとなっているので、出会うまでのステップを省略することが可能です。

本来出会い系サイトの利用では、出会うまでのステップに多くの労力を注ぎ込むことになるので、既に出会っている状態からスタートさせてくれるイベント等には積極的に参加したほうが良いでしょう。

そうすることで、多くの出会いが生まれることになります。

イククルを利用した出会いのまとめ

イククルを利用して10代の女性と出会うことは難しくないですが、若い世代が多いという触れ込みもあって、サクラや業者が少し多くなっているのが気になるポイントです。

実際に今回の「10日間の軌跡」で記載した1日目~6日目を繰り返すことで、多くのサクラや業者を排除することが可能なので、慣れてくれば労力も少なくて済みますが、慣れていない間は困惑することも多いでしょう。

そのため、最初の無料ポイントを使い切った時点で利用するのをやめてしまう人も多いですが、個人的には、もったいない行為だと思われます。

そもそも、無料ポイントだけで出会いを求めるというスタイルではなく、「投資をしても1万円まで」というように決めてからスタートをすると案外うまくいきます。

また、イククルではポイントのまとめ買いがお得になっているので、1万円分も一気に購入すれば、3人~5人程度の女性と出会うことも難しくないので、費用対効果が高い出会い系サイトともなっています。

本気で出会いを求めるのなら、多少の課金は仕方ないと割り切ったほうがスムーズに行くでしょう。1万円なら、2~3回の飲み会をキャンセルするだけで浮くような出費ですし、独り身なら、そこまで高い出費にもならないのでオススメです。

PAGE TOP ↑